ヘルスケア

レバリズム-Lの効果がない口コミがある理由

更新日:

レバリズム-Lとは

レバリズムとは静岡県産のしじみエキスと岡山県産の牡蠣エキス、千葉県産のスクワレンを配合した肝臓をサポートするサプリです。しじみは昔から肝臓の特効薬として、アミノ酸オルニチンが多く含まれる食品として言われてきました。オルニチンはアンモニアを分解し、解毒作用を助け、肝臓の負担を減らす役割を果たします。

牡蠣は『海のミルク』と呼ばれるほど栄養豊富な食材で、牡蠣に含まれるタウリンには肝臓の解毒分解作用を助け、有害ミネラルの排出を促すと言われております。レバリズム-Lはこの素材探しだけで2年、調合に1年半を費やした肝臓の働きを助けてくれるサプリです!

知っておくべき肝臓の病気

肝臓の役割

肝臓は人体の中で一番大きい臓器になり、体重の約50分の1を占めています。肝臓の主な役割として、3つ挙げられます。

一つ目は体内に入れた物質の分解や再合成を行う役割です。食事した食べ物が肝臓に運ばれ、酵素が働き、化学反応によって『グリコーゲン』という物質に変化し、蓄えられていきます。蓄えられた『グリコーゲン』は必要に応じて血液中に運ばれていきます。

二つ目の役割として、解毒の役割を果たします。「アルコールが分解されるのは肝臓」と聞いた方も多いかと思いますが、この分解が『解毒』の役割です。肝臓は化学反応によって体内に入った食品添加物や薬物、細菌やアルコールなどを人体に影響のない段階まで分解、処理していきます。これが肝臓の解毒の役割です。

そして最後の役割が排出となります。食べ物の消化や肝臓でつくられた老廃物を流すために必要な「胆汁」を生成及び分泌をしていきます。この「胆汁」には脂肪の消化吸収を助ける役割もあります。

このように肝臓は人が動くのに重要な栄養素をコントロールする重要な役割を持っており、このコントロールが乱れると肝臓の病気を起こす危険があります。レバリズム-Lは、人体にとって重要な肝臓の働きをサポートし、全身の快調を支える土台となっていきます。

肝臓の主な病気

ここでは肝臓に関わる主な病気を4つ紹介します。

脂肪肝

健康診断でこのように判断された方も多いのではないでしょうか。実際私も健康診断で「脂肪肝」と判断されましたが、1年後の健康診断ではその数値は良くなっており、再検査なども無く健康な肝臓と言われるようになりました。

脂肪肝は主に食べ過ぎや飲み過ぎによって糖分や脂質の摂取量が多いと肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まり、脂肪肝になっていきます。また、運動不足などにより体が肥満になると、肝臓での脂肪の燃焼が悪くなるため、中性脂肪が溜まり脂肪肝へとなります。

脂肪肝は肝臓の病気の第一歩で、放っておくと肝硬変や肝臓がんになる恐れもあります。

肝炎

肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される病気です。A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎など肝炎には様々な種類がありますが、日本ではウィルス性による肝炎が80%を占めています。C型肝炎においては55歳~59歳での患者数が多く、男性に多い傾向です。

肝硬変

肝硬変はB型やC型のウィルスで感染し、肝臓の働きが悪くなる病気です。字の通り、肝臓全体が固くなり、岩のようになっていきます。更にこのまま放っておくと肝臓がんになるリスクが高まります。

肝臓がん

肝臓がんには主に2種類あり、肝臓そのものから発症する原発性肝臓がんと、他の臓器からがんが肝臓に移った続発生がん(転移性)があります。原発性肝がんの約90%が肝細胞がんになります。

 

このように肝臓は人体にとってとても重要な臓器であり、肝臓を健康に保つことで、全身の調子を整える支えになります。

肝臓は食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、睡眠不足や不規則な生活などから負荷をかけてしまい、その代償が高くなってしまうことがあります。

 

レバリズムで肝臓に優しい生活を!

肝臓に良い成分とは?

肝機能を高めてくれる成分として、アミノ酸、シスチン、ビタミンなどが挙げられます。ではこれらが含まれているべ物とは何でしょうか。

 

肝機能を高めてくれる食べ物

 

しじみ

しじみにはオルニチンという成分が多く含まれています。上にも書きましたが、オルニチンは有害なアンモニアを尿素に変換するなど、肝臓の重要な役割である「解毒」の働きを助けてくれます。

 

牡蠣

牡蠣は低脂質高たんぱくな食品でビタミンB1やビタミンB2などのビタミン、亜鉛や鉄などのミネラル、18種類のアミノ酸、アミノ酸の一種のタウリン、ブドウ糖などのグリコーゲンなどを豊富に含んでおり、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養豊富な食品です。

 

枝豆

枝豆にはコリン、レシチン、サポニンなどが含まれてます。コリンとレシチンは肝臓に脂肪が溜まるのを防ぎ、サポニンは傷ついた肝臓を修復する効果があるとされています。他にもビタミンを多く含むのでお酒を飲む際のおつまみとしてはピッタリの食べ物です。

 

かぼちゃ

かぼちゃにはビタミンA、ビタミンE、ビタミンCが豊富に含まれてます。肝臓の病気にかかっている人はビタミンAが不足している方が多いので、日頃から摂取していかなければなりません。ビタミンE、ビタミンCは肝臓が傷つくのを防ぎ、また、傷ついた肝臓を修復する効果や、肝臓に脂肪が溜まるのを防いでくれる効果があります。

 

レバリズムの口コミ

 

「お酒を飲む機会が多いので、毎日飲んでます。」

(40代男性)

仕事からお客様とお酒を飲む機会が多く、週に5日ということもあるんです。
そこで数値が心配になり始めたのが「レバリズム-L」でした。しじみ成分の健康食品はたくさんありましたが、パッケージが黒でカッコイイと思ったことと、原料が国内産にこだわっているということで選びました。
初めのうちは、これと言って調子が良くなったとは感じなかったのですが、あるときアルコールを飲んだ翌日の体のだるい感じがなくなっていることに気がつきました。
昨日のアルコールを楽しんだツケが、次の日の朝にツケとして回ってこないんです。「これはいいものを見つけた!」と思いました。
今は毎日飲むようにしていまうが、たまたま飲み忘れたりすると翌日調子が悪いです。これってしっかり効いているということですよね。これからもしっかりと飲み続けようと思ってます。

「朝が清々しくて気持ちがいい!」

(40代女性)

飲み始めて半年ほどですが、おかけで朝、体が軽くスッキリする感じが持続しています。毎日朝からはつらつとできるのは間違いなくレバリズム-Lのおかけだと思います。目覚めが良いから、朝から「今日も頑張ろう!」って前向きな気持ちになれます。最近では主人も一緒に毎晩寝る前に飲んでいます。主人も「お酒を飲んだ次の日の目覚めが全然違う」と言って気に入っているようです。これからも夫婦でずっと飲み続けます。

 

「お医者さんも納得していました。」

(30代女性)

以前は違う会社の商品を試しに飲んでみたのですが、あまり効果を感じられずに止めてしまいました。ところが、会社の健康診断で高血圧と肝機能の以上を私的され、慌ててレバリズム-Lを購入し飲み始めました。ひと月ほどして、再検診に行くと数値が下がっていました。お医者さんから「生活習慣を変えいました?」と聞かれて、最近レバリズム-Lを飲み始めたことを伝えると、「しじみは肝臓に良いからね」と言われました。効果があることを実感したので、今後も利用しようと思ってます。

「健康診断で指摘されて。」

(30代男性)

会社の健康診断で「再検査」となってしまい、医師から言われたのが「肝臓に負担をかけ過ぎている」ということでした。仕事でストレスをためてしまい、鬱憤をはらすためにお酒を飲むことが増えていたので、その影響が出てきたんだと思いました。若いから大丈夫っていうことではないんですね。レバリズム-Lを飲むようになってからは、疲れにくくなりましたし、体が軽くなったようにも感じます。だからでしょうか、あれだけストレスになったいた仕事も楽にこなせるようになり、今は仕事が楽しくなってきています。僕の最強の武器です(笑)

 

「ワインとレバリズム-Lは止められない」

(40代女性)

ワイン党の私は毎日一瓶は楽しんでいます。だから、肝臓を気遣って飲み始めたのがレバリズム-Lでした。これを飲むと飲まないでは大違いです。まず、翌朝にアルコールが残っていません。本当に爽やかな朝を迎えられるんです。「今日は飲み過ぎちゃったな」と思った翌朝でもです。それと、しじみエキスが入っているからだと思うのですが、少し前に流行ったオルニチンダイエットと同じように体重が落ちてきたんです。小学生の息子からは「お母さん、最近すごく元気だね」と言われました。体の調子が良いと周りの人にも分かるんですね。

 

まとめ

普段お酒を飲む方はもちろん、お酒を飲まない方でも肝臓の病気にかかる可能性があります。肝臓の病気は誰もがかかる可能性があるのです。普段体の中の異常は目に見えないので、日頃から肝臓の健康管理は必要になってきます。

肝臓の健康を保つ手助けをしてくれるレバリズム-Lは多くの栄養成分が含まれており、肝機能を高めてくれます。

レバリズムは現在、数値撲滅モニターキャンペーン実施中です!
500名限定のキャンペーンは公式サイトからお申込みできます!

私が実際に試して飲んでみたレバリズム-Lの効果を見たい方はコチラから確認してみてください。

初回980円で購入できる公式サイトへはコチラから進めます。

-ヘルスケア

Copyright© サザンライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.